*天満宮・天神社

2016年6月 9日 (木)

深志神社

160609_1027

ふかしじんじゃ。長野県松本市深志にある。

旧県社。現在は神社本庁の別表神社。

通称「天神様」。

160609_1028

ご祭神は、建御名方富命(たけのみなかたとみのみこと:お諏訪さま)と菅原道真公(天神さま)を主祭神とする。

本殿は二殿となっている。

160609_1031

創建は、社伝によれば、暦応2年(1339)9月9日に、諏訪明神の霊夢をたびたび見ていた信濃守護・小笠原貞宗が戦勝に感謝して、居館した信州府中の井川の丑寅(北東)に当たる捧庄(ささげのしょう)であった庄内の地に社殿を造営し、諏訪明神(建御名方命)を祀って創建したことに始まる。この社は宮村宮(宮村大明神)と称していた。

一方、天満宮については、小笠原長基が応永9年(1402)に、井川館近くの鎌田の地に北野天満宮(天神)を勧請した。

永正元年(1504)、小笠原氏の家臣が深志城(松本城)を築城すると、当社を城の鎮守・産土神として崇敬し、社殿を西面に改めた。

天文2年(1533)、小笠原長時は武田信玄に敗れ、信濃が武田氏の支配下に入ると当社は荒廃した。

天正10年(1582)、小笠原氏が信濃に復帰して社殿を修造し、慶長19年(1614)8月に、小笠原秀政が鎌田郷に勧請され創建されていた天満宮(鎌田天神)の分霊を、宮村宮の北の新宮に奉遷した。

その後、宮村両社・宮村大明神・宮村神社・宮村天満宮・深志天神などと称された。

本来は宮村宮の建御名方命が主祭神であったが、天満宮の方が有名となり、深志天神・天神様と呼ばれるようになった。

江戸時代も歴代領主の崇敬を受け、松本城下の南半分の商人町の総氏神ともなった。

天保12年(1841)、吉田家の許可を受けて宮村宮から現社名の深志神社に改称した。

昭和3年に県社に列格した。

当社の氏子地域は現在48ヵ町に上る。

※以上、文章はWikipedia、公式ホームページ、由緒書きを抜粋・編集

160609_1030

神楽殿

拝殿正面にある。

160609_1029

本町一丁目 恵比須殿

境内左側にある。寛保2年(1742)に境内に祀られた。

160609_1037

伊勢町一丁目 三峰神社

境内左側にある。

寛永2年(1625)に埼玉県の三峰神社本社より勧請した。

古くは伊勢町内で祀られていたが、現在は伊勢町一丁目の守護神として境内に祀られる。

160609_1038

これも三峰神社。境内左側にある。案内札が立ってなかったので、詳細は不明。

160609_1032

愛染神社

境内右手奥にある。草野姫命(かやのひめのみこと)を祀っている。

古くは愛染明王、染殿社と呼ばれていた。愛染講により染物業の守護神として崇敬を受けている。

160609_1033

殿内左から、金山神社・松尾神社・三十四末社

愛染神社の左側にある。

金山神社は、松本金山会により鐵工・金属業の守護神として崇敬されている。

松尾神社は、天保8年(1837)勧請と伝えられ、酒造りの守護神として崇敬されている。

三十四末社は、明治以降、境内にあった末社がまとめられて祀られた。

160609_1034

本町二丁目 市神社

金山神社の左側にある。商都松本の萬商守護神とされ。「敵に塩を送る」の故事に由来した正月の伝統行事あめ市の神様が祀られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

湯島天満宮

160421_1536

ゆしまてんまんぐう。東京都文京区湯島にある。

旧府社。神社本庁の別表神社。

神紋は「加賀梅鉢紋」。

旧称は湯島神社で、通称は湯島天神。平成12年(2000)3月31日、「湯島神社」から「湯島天満宮」に改称した。

ご祭神は、

 天之手力雄命 (あめのたぢからをのみこと)

 菅原道真公 (すがわらのみちざねこう)

を祀る。

160421_1535

創建は、社伝によれば、雄略天皇2年1月、雄略天皇の勅命で天之手力雄命を祀る神社として創建されたと伝えられている。

南北朝時代の正平10年(1355)、住民の請願により菅原道真を勧請して合祀した。この時をもって正式な創建とする説もある。

当の湯島天満宮は458年創建(雄略天皇2年を機械的に西暦に換算した年数)としている。

徳川家康が江戸城に入ってから徳川家の崇敬を受けた。江戸時代には多くの学者・文人が訪れ崇敬を集めた。

享保期には富籤の興行が盛んとなり、江戸の三富の一つとして庶民に親しまれた。

明治5年近代社格制度で郷社に列し、明治18年に府社に昇格した。

平成13年(2001)、神社本庁の別表神社に指定された。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため、受験シーズンに限らず、多数の受験生や家族が合格祈願に訪れる。この日も拝殿の前で熱心に唱え言をしていた女性がいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

古熊神社

160416_1148

ふるくまじんじゃ。山口県山口市にある。

「山口の天神様」と通称される。

160416_1153

ご祭神は、菅原道真を主祭神とし、道真の子の菅原福部童子を配祀する。

福部童子は11歳のときに、左遷された父を慕って太宰府へ向ったが、山口で夏病みにかかり亡くなった。

福部童子は今市の甘露院に葬られ、当社創建後は当社にも祀られた。福部童子が亡くなった8月25日には福部祭が行われる。

160416_1154

創建は、応安6年(1373)10月、大内弘世が北野天満宮より勧請を受けて創建した。

当初は山口・北野小路に鎮座していたが、後に数度の遷座を経て長者山の麓の御石の森に鎮座した。

元和4年(1618)、毛利秀就が現在地に社殿を移した。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

谷保天満宮

160320_0921

やぼてんまんぐう

東日本最古の天満宮。湯島天神、亀戸天神とともに関東三大天神のひとつ。

ご祭神は菅原道真公である。第三子の道武公も祀られている。

160320_0933

何度もお参りしているので、詳細はこちらを参照。

 

ご朱印をお願いしたら、ご朱印帳を見て、当社の専用にしているか尋ねられたので、そうですとお答えしたら、参拝者のなかには専用で8冊目の方がおられるということで、すごいことだなあと思った。

朔日参りでも年12回だから、もちろん、それ以上のペースでお参りしているということだ。熱心な方だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

米ノ津天満宮

160313_1603

こめのつてんまんぐう。出水市米ノ津町にある。

160313_1604

天満宮なので、ご祭神は菅原道真公(菅公)である。

創建については、天明7年(1787)、島津重豪が参勤交代の年に、9月1日に鹿児島市を出発、4日にこの地に到着したとき、神の霊験を肝に命じ、太宰府天満宮の別当寺に道真公の神像を作ってもらい、1789年4月に新たに神社を建立し、米ノ津天満宮と称した。

160313_1606

境内に牛の像が三体あった。色が塗られている。

 

加紫久利神社のご神職に紹介していただいた。兼務社なのだな。篤姫が江戸に向かう途中に参拝したということで、最後に寄ってお参りした。

本殿の千木が壊れているので、修復しないといけないけど、お金がかかりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

谷保天満宮

151231_1607

やぼてんまんぐう。国立市谷保にある。

何度か参拝しているので、ご由緒などはこちらを参照してください。

151231_1605

東日本最古の天満宮だそうで、湯島天神、亀戸天神とともに関東三大天神のひとつ。

151231_1603

境内に下りる石段の右側の木に鶏がたくさん停まっていた。

昨年より増えてる気がするな。繁殖しているのだろうか。

151231_1604

雄鶏が元気よく鳴いていた。

昨年末に引き続き今年も大晦日のお参りになってしまった。

ご朱印を当社のご朱印帳に授与していただいた。

今年最後のお参りになった。一年間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

荏柄天神社

150118_1013

えがらてんじんしゃ

旧村社。
天神社なので、ご祭神は菅原道真公である。
 
創建は、長治元年(1104)。源頼朝が鎌倉幕府の開府にあたり鬼門の方向の守護社として社殿を造営、のちに徳川家康が豊臣秀吉の命で社殿の造営を行った。
 
明治維新後の神仏分離令で衰退し、明治6年(1873)村社となった。
 
天神社として歴史が古いことから、自ら太宰府天満宮、北野天満宮とともに三大古天神と称している。もちろん、他の二社はそのようには称さない。ちなみに、日本三大天満宮は太宰府、北野のほか、大阪か防府を数えるのが一般的である。
 
本殿は三間社流造、銅板葺きで重文指定である。寛永元年(1624)に鶴岡八幡宮若宮の旧本殿を譲り受け移築した。若宮の旧本殿は正和4年(1315)の鎌倉大火の後、翌正和5年(1316)に建立された。
 
漫画家との縁が深い。横山隆一などの漫画家が建立し、154人の漫画家によるカッパのレリーフが付けられている絵筆塚、漫画家の清水崑が使用した絵筆が収められているかっぱ絵塚が境内左奥にある。
 
毎年10月に絵筆塚祭が開催されて絵筆が焼かれ、まんが絵行灯が掲揚される。
 
 
鶴岡八幡宮の参道右側から出て鎌倉宮まで歩いていると途中にあったので、鎌倉宮の帰りにお参りした。
 
小さいけど山を背負い、風格のあるお社であった。この日の鎌倉は朝から冷え込み、雪の降る石川よりも寒かった。歩いていると手がかじかみ霜焼けになるほどだ。こちらで甘酒(初穂料100円)をいただいて、身体を温めた。
 
時節柄、受験シーズンなので、参拝客が多い。迷惑も顧みず、ずっと拝んでいる中年女性がいたり、小学生のグループを引率する塾の先生がいたりした。小学生のグループは手水舎で身を浄めることなくお参りしたので、受験は危ういかもしれない。引率する大人が常識のないことがいけない。困ったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

湯島天満宮

150117_1237

ゆしまてんまんぐう。ゆしまてんじん。

御祭神は天之手力雄命(アメノタヂカラオノミコト)、菅原道真公。

学問の神様・道真公が有名だが、14世紀以降に加えられた。

雄略2年(458)に勅命で創建と伝えられている。

 
徳川家康の崇敬が厚かった。 梅の紋は道真の歌にちなんだもの。
 
150117_1233

学問の神様なので、入試の祈願に絵馬を奉納する人が多い。
 
絵馬が鈴なり。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

谷保天満宮

141231_1039

 
甲州街道を国立府中ICに向かって東進していて、対向車が切れないので、お参りは諦めていたけど、正面を通り過ぎるときに一瞬対向車がなくなった。
 
すぐに右折して駐車場に車を入れた。駐車場は翌日の元旦の準備でラインと矢印が引き直されていた。
 
141231_1049
 
今年三度目のお参り。
 
御朱印をいただいて、帰路についた。
 
今年一年ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

谷保天満宮

140923_0847

やぼてんまんぐう。
 
甲州街道沿いにある。中央自動車道の国立府中ICを下りて甲州街道に入り、立川方面に向ってすぐ。
 
今年2回目のお参り。まだ、社務所が開いてなかった。例大祭の準備なのか、境内、手水舎など掃除をしておられた。
 
詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧