« 伊勢山皇大神宮 | トップページ | 神社巡拝一覧(一宮以外の神社) »

2016年12月28日 (水)

稲毛神社

161228_1419

いなげじんじゃ 公式サイト

川崎市川崎区宮本町にある。JR川崎駅、京急川崎駅の東口から徒歩5分ほど。国道15号線沿いにある。 

旧社格は郷社。現在は神社本庁の別表神社。

旧称は山王権現、武甕槌神社で、現在も山王様の通称で呼ばれる。

161228_1429

ご祭神は、武甕槌神を主祭神とし、経津主神・菊理媛神・伊弉諾神・伊弉冉神を配祀する。 江戸時代までは山王権現を祀るとされていた。

161228_1439

創建年代は不詳。

社伝によれば、武甕槌神を祀って天皇の軍の戦勝を祈ったのに始まると伝えられる。景行天皇が東国巡行の際に、当社で賊難を避けたという。欽明天皇が東征のとき、新たに配祀神四神を祀り、以降長らく勅願所とされたと伝えられる。当初は祭神の名前から「武甕槌宮」と称していた。

平安時代末期、この地を領有した河崎基家が山王権現を勧請して以降、「河崎山王社」「堀之内山王権現」などと呼ばれるようになった。

明治元年、関東へ下降する有栖川宮熾仁親王が当社で休憩し、その際、「神仏習合に基づいた「山王」の社名は新政府の神仏分離の方針にふさわしくない」と言ったことから、社名を旧地名の武蔵国稲毛庄にちなんで「川崎大神稲毛神社」とし、明治中頃に「稲毛神社」の名が定着した。

明治6年、郷社に列格した。昭和41年(1966)、神社本庁の別表神社に加列された。

祭事

8月2日 例祭(川崎山王まつり)

2日の午後、神輿に神体を収める「古式宮座式」(神奈川県民俗文化財)が行われ、3日早朝から氏子による神輿巡幸が行われる。

境内社

161228_1418

和嶋弁財天社(左)

ご祭神は市杵島姫命。

古くから河崎山王社の弁天池(放生池)の島「和嶋」に祀られていた。神池から流れる小川のほとりでは「曲水の宴」が行われた。

御神水吹上げ井戸石枠(右)

この地は水に難儀していたが、この井戸だけは清水が豊かに湧いていて、住民は「御神水吹上げ井戸」と呼び、鎮守のお恵みとして大切にしていた。とくに、流行病の際に夜半に水垢離に遠くから通う人もいた。昭和初期には工場用水汲み上げのためか清水は枯れてしまった。この石枠は川崎宿の旅籠屋中の寄進によるもので、文化8年(1811)、文政12年(1829)の2つの年号が刻まれている。

鳥居の左側にある。

参道の右側に手前から次の各社がある。

161228_1421

右から、三峰神社、御嶽神社、八坂神社、大神宮、松尾神社、金刀比羅宮、福田稲荷神社。

161228_1422

大鷲神社

ご祭神は日本武尊である。

江戸時代末期から明治初年に祀られたと考えられている。

161228_1423

子神社(ねのじんじゃ)

ご祭神は大国主命(大黒さま)である。

江戸時代には須ヶ原に祀られていて里人から篤く信仰されていた。明治3年に須ヶ原、久根崎の人々により建て替えられた(現存する川崎宿時代の建造物)。明治45年、合祀令により勧進主のひとり森五郎作家に移し邸内社となっていたが、昭和32年、森家の転宅の際、当所に遷座された。

161228_1424

第六天神社(左)、堀田稲荷神社(右)

両社とも江戸時代には堀之内にあり、川崎宿の旅籠屋、商人、芸妓たちや近郷の人々が篤く信仰していた。

当時、第六天神社には他生自在天(たけじざいてん)が祀られており、人々はそれを「多芸自在」と読んで技芸上達と安産の神として崇敬したといわれる。

※現在のご祭神は於母陀流神(おもだるのかみ)、訶志古泥神(かしこねのかみ)が祀られている。

明治39年、川崎競馬場建設の際に馬見場への通路に当たったため、当地に遷された。

同年は日露戦争戦勝年であったため、凱旋兵士を招いて戦勝祝賀会を兼ねた盛大な遷宮祭が行われた。以降、近隣の人々が「稲荷第六天講」を結成し、毎年例祭が行われている。

このほかに境外の兼務社に新田神社(渡田2-14-8)、八幡神社(大島3-4-8)、八幡神社(中島2-15-1)がある。

161228_1430

御神木大銀杏

御神木の周囲に十二支の像が設置され、お参りできるようになっている。

※以上、文章はWikipedia、境内案内板を抜粋・加筆・編集

|

« 伊勢山皇大神宮 | トップページ | 神社巡拝一覧(一宮以外の神社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/64687630

この記事へのトラックバック一覧です: 稲毛神社:

« 伊勢山皇大神宮 | トップページ | 神社巡拝一覧(一宮以外の神社) »