« 新小岩厄除香取神社(江戸川区) | トップページ | 金澤神社 »

2016年11月14日 (月)

富山縣護國神社

161114_1101

とやまけんごこくじんじゃ。富山県富山市にある。

旧内務大臣指定護国神社。現在は神社庁の別表神社。

ご祭神は、富山県出身の明治維新から大東亜戦争(太平洋戦争)までの戰歿英霊28,679柱である。

161114_1103

明治45年(大正元年・1912)3月に富山縣招魂社として設立が認められ、富山県知事が建設委員長となって翌大正2年(1913)8月に竣工、10月に鎮座が行われた。

昭和14年(1939)、富山縣護國神社に改称した。

昭和20年(1945)の富山大空襲によって、手水舎などごく一部の建物を除いて社殿を焼失した。

社殿は昭和29年(1954)に再建された。現在の大拝殿は平成3年(1991)に創建80周年を記念して竣工した。

161114_1104

本殿の右側に伊佐雄志神社がある。

富山大空襲による戰災殉難者、治安の維持と公共の災害防護その他安定のために殉職した自衛官、警察官、消防團員、消防署員、郵便局員及び地方功労者を祭神として祀る。

戦災により社殿が焼失したが、昭和50年(1975)に富山縣護國神社終戦30周年記念事業として造営、8月1日に竣工した。

平成22年(2010)9月に現在の伊佐雄志神社に改称した。

遺芳館には戰歿英靈の遺書等を展示している。

※以上、文章はWikipediaを抜粋・加筆・編集

 

御朱印をいただくときに、ご神職が神社について説明してくださり、御朱印帳に富山県出身の高田豊志氏の遺詠を書いてくださった。

 夢にだに 忘れぬ母の涙をば いだきて三途の橋を渡らむ

富山縣護國神社のホームページには、創建90周年記念でまとめた「遺芳録」が掲載されており、高田豊志氏は高田豊志命として最初に紹介されている。

記事によると、陸運少年飛行兵第十三期生で、昭和二十年五月十三日に沖縄本島西海岸沖にて特攻戦死した。数え年で二十一歳であった。遺品の大学ノートに歌や文章が残されていた。

|

« 新小岩厄除香取神社(江戸川区) | トップページ | 金澤神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/64525544

この記事へのトラックバック一覧です: 富山縣護國神社:

« 新小岩厄除香取神社(江戸川区) | トップページ | 金澤神社 »