« 豊国神社(長浜市) | トップページ | 滋賀縣護國神社 »

2016年7月16日 (土)

長濱八幡宮

160716_0942

ながはまはちまんぐう。滋賀県長浜市宮前町にある。

旧県社。現在は神社本庁の別表神社。

日本三大山車祭の「長浜曳山祭」が催される。

160716_0945

ご祭神は、

東御前:足仲彦尊(仲哀天皇)

中御前:誉田別尊(応神天皇)

西御前:息長足姫尊(神功皇后)

を祀る。

160716_0952

創建は、平安時代後期(1069)に源義家からの発願をうけた後三条天皇の勅により、石清水八幡宮を勧請して創建したと伝わる。

戦国時代には兵火を受けて衰退したが、長浜城城主となった羽柴秀吉により復興された。

平安時代より境内には別当寺である新放生寺が存在していたが、明治時代初期の神仏分離令により廃され、唯一残された子院の舎那院に仏像や資料等が全て移された。

※以上、文章はWikipediaを抜粋・編集

境内

160716_0951

摂社 高良神社

ご祭神である武内宿禰が五代の天皇に仕えたことで長寿の神様とされてきたことから。ぼけ封じの宮とされている。

160716_0955

高良神社の右に「ぼけ封じの大石」があった。

小さな穴がたくさん開いていた。

160716_1004

160716_1005

摂社 都久夫須麻神社

市杵島姫神、辨財天(愛敬神)を祀っており、水の女神様である。都久夫須麻神社は琵琶湖の竹生島にある三大辨財天のひとつである。

境内の放生池の中にあり、放生池では毎年8月15日に雨乞いの行事「永久寺の蛇の舞」が奉納される。

蛇は竹と和紙で作られ、全長約10m、胴囲り約1.3mほどの大きなもので、玉龍・竹龍・火龍という3つの出し物があり、蛇が龍に変貌して雨を降らすという水神信仰を背景にしたものである。

160716_1006

160716_1007

摂社 天満宮

160716_1010

160716_1011

摂社 金毘羅宮・河濯神社

金毘羅宮は大物主神、大黒天(福徳の神)を祀っている。

大物主神は出雲大社のご祭神である大国主神の幸魂(さきみたま)、奇魂(くしみたま)である。

※案内板では丁寧に、幸魂は人を幸福に導き給う神霊、奇魂は目に見えない不思議な力の神霊を説明されていた。

河濯(かわそぎ)神社は大祓の祝詞に登場する瀬織津姫命を祀っている。

罪・穢(けがれ)・凶事(まがこと)・禍(わざわい)をはじめ、汚いものを速川の勢いにより、遠い根の国、底の国に流しあらい去り、清々しい心、清浄な身体にされる、大祓の神様である。

この名称の神社は初めて遭遇したかもしれない。

160716_1009

末社 地主神社

大地主神(おおとこぬしのかみ)を祀る。

160716_1008

末社 熊野神社

熊野神(家津御子神、熊野速玉神、熊野夫須美神)を祀る。

末社の地主神社と熊野神社は上記天満宮と金毘羅宮・河濯神社の間に右から並んでいる。

160716_1013

160716_1014

末社 末広稲荷神社

稲荷大神(宇迦之御魂、佐田彦神、大宮能売神)を祀っている。

160716_1015

末広稲荷神社の右前に祠があったが、詳細は不明である。

このほかに、願掛けの「願い通して矢」という石造りがあった。

|

« 豊国神社(長浜市) | トップページ | 滋賀縣護國神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63927922

この記事へのトラックバック一覧です: 長濱八幡宮:

« 豊国神社(長浜市) | トップページ | 滋賀縣護國神社 »