« 長野縣護國神社 | トップページ | 穂高神社 »

2016年6月 9日 (木)

若一王子神社

160609_1322

にゃくいちおうじじんじゃ。長野県大町市にある。

旧県社。現在は神社本庁の別表神社。

160609_1301

ご祭神は以下の五柱の神を祀る。

若一王子(にゃくいちおうじ):熊野那智大社第五殿に祀られる神

天照大神(あまてらすおおみかみ)

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

仁品王(にしなおう)

妹耶姫(いもやひめ)

160609_1317

創建は、鎌倉時代、安曇郡一帯を治める国人領主の仁科盛遠が紀伊国熊野権現に詣でた際、那智大社第五殿に祀られる若一王子を勧請し、以降「若一の宮」(若一王寺、王子権現)と称されるようになったことによる。

その際、盛遠は後鳥羽上皇の知遇を得て西面武士として仕えた。

仁科氏が主家の武田氏とともに滅亡すると、織田信長以後の天下人は安曇郡を歴代松本城主の所領とし、松本藩の庇護を受けるようになった。

明治の神仏分離の際に、寺号を廃して現社名に改称した。

昭和6年に県社に昇格し、昭和51年に神社本庁の別表神社に加列された。

160609_1313

本殿は弘治2年(1556)に仁科盛康により造営されたもので、重要文化財に指定されている。

拝殿は昭和50年(1975)に伊勢神宮の旧社殿の一部を譲り受けたものである。

160609_1312

観音堂

本殿東にあり、若一王子の本地仏とされた十一面観音の像が安置されている。

160609_1311

三重塔

※以上、文章はWikipedia、公式ホームページ、当社冊子を抜粋・編集

160609_1310

大町護国神社 

境内左側にある。右側は子安神社。

160609_1309

八坂神社

内部に御輿が宮殿として安置されている。この御輿は昭和40年代半ばまで7月15日の八坂神社の祭礼の日に巡行に用いられていた。

160609_1305

松尾神社(左)、鹿島神社(右)

160609_1306

160609_1307

160609_1308

拝殿・本殿の左側の社叢のなかに末社がたくさんあった。

|

« 長野縣護國神社 | トップページ | 穂高神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63758175

この記事へのトラックバック一覧です: 若一王子神社:

« 長野縣護國神社 | トップページ | 穂高神社 »