« 松本神社 | トップページ | 若一王子神社 »

2016年6月 9日 (木)

長野縣護國神社

160609_1206

ながのけんごこくじんじゃ。長野県松本市美須々にある。

護国神社。神社本庁の別表神社。

160609_1200

ご祭神は、明治維新から第二次世界大戦までの国難に殉じた長野県出身者を祀る。

160609_1201

創建は、昭和13年(1938)11月に長野県招魂社として仮社殿で創建された。翌昭和14年(1939)3月に長野縣護國神社に改称し、同年4月1日に内務大臣指定護国神社となった。

昭和17年(1942)、社殿・社務所などが竣工した。

第二次世界大戦後の一時期、「護国神社」の名称では軍国主義施設と見なされるという理由から、存続を図るために信濃国の枕詞に由来する「美須々之宮」に改称していた。

昭和32年(1957)4月、神社本庁の別表神社に指定された。

※以上、文章はWikipediaの記載内容、公式ホームページ、当社冊子を抜粋・編集

160609_1207

石碑

参道を進むと左側に設置されている。

南十字星の下に散華せる 嗚呼戦友

と刻まれている。

昭和49年(1974)7月28日に長野県ニューギニア会が建立したもの。

160609_1203

滿蒙開拓青少年義勇軍第七次斎藤中隊 拓友之碑

160609_1204

シベリア抑留慰霊碑

 

招魂社、護国神社をお参りすることにした。

長野縣護國神社はとてもよく整備されていて、境内の景観が素晴らしい。境内参道の両側の芝生の手入れも行き届いていた。

神前結婚式のプロモーションをしていて、この施設なら丁寧で素晴らしい式になるように思う。

施設の性格上、写真のように殉難者のための慰霊碑が多いので、裏側もよく調べてこないといけない。

|

« 松本神社 | トップページ | 若一王子神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63758173

この記事へのトラックバック一覧です: 長野縣護國神社:

« 松本神社 | トップページ | 若一王子神社 »