« 金刀比羅宮(虎ノ門) | トップページ | 千葉神社 »

2016年4月21日 (木)

湯島天満宮

160421_1536

ゆしまてんまんぐう。東京都文京区湯島にある。

旧府社。神社本庁の別表神社。

神紋は「加賀梅鉢紋」。

旧称は湯島神社で、通称は湯島天神。平成12年(2000)3月31日、「湯島神社」から「湯島天満宮」に改称した。

ご祭神は、

 天之手力雄命 (あめのたぢからをのみこと)

 菅原道真公 (すがわらのみちざねこう)

を祀る。

160421_1535

創建は、社伝によれば、雄略天皇2年1月、雄略天皇の勅命で天之手力雄命を祀る神社として創建されたと伝えられている。

南北朝時代の正平10年(1355)、住民の請願により菅原道真を勧請して合祀した。この時をもって正式な創建とする説もある。

当の湯島天満宮は458年創建(雄略天皇2年を機械的に西暦に換算した年数)としている。

徳川家康が江戸城に入ってから徳川家の崇敬を受けた。江戸時代には多くの学者・文人が訪れ崇敬を集めた。

享保期には富籤の興行が盛んとなり、江戸の三富の一つとして庶民に親しまれた。

明治5年近代社格制度で郷社に列し、明治18年に府社に昇格した。

平成13年(2001)、神社本庁の別表神社に指定された。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため、受験シーズンに限らず、多数の受験生や家族が合格祈願に訪れる。この日も拝殿の前で熱心に唱え言をしていた女性がいた。

|

« 金刀比羅宮(虎ノ門) | トップページ | 千葉神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63517866

この記事へのトラックバック一覧です: 湯島天満宮:

« 金刀比羅宮(虎ノ門) | トップページ | 千葉神社 »