« 唐津神社 | トップページ | 高祖神社 »

2016年4月14日 (木)

鏡神社

160414_1203

かがみじんじゃ。佐賀県唐津市の鏡山の麓にある。

現在は松浦総鎮守鏡神社と呼ばれ、旧称は鏡尊廟宮、鏡宮、松浦宮、板櫃社、久里大明神。

古来、鏡神社は松浦国の総社として尊崇され、松浦三社の一位に列せられていた。

遥かなる時を越え今も松浦地方の鎮守神として親しまれている。

楊柳観音菩薩を始め立神様なども神道で祭祀をしており、神仏習合の名残を今も受け継いでいる神社である。

160414_1205

ご祭神は、 本殿2棟に、一ノ宮に息長足姫命(神功皇后)、二ノ宮に藤原広嗣を祀る。

『源氏物語』玉鬘の巻で肥後の豪族大夫監が玉鬘に宛てた歌に「松浦なる鏡の神」と詠まれている。

160414_1208

創建は、 社伝では、三韓征伐の際、神功皇后が鏡山山頂に戦勝を祈願して鏡を納めたが、その後この鏡が霊光を発したことから、それを聞いた神功皇后が自らの生霊を鏡に込めて祀ったのに始まると伝える。

160414_1212

一ノ宮

また、三韓征伐の帰途、神功皇后は当地で陣痛に襲われたが、里人が差し出した湧き水を飲むと陣痛が治まり、宇美の地にて無事に応神天皇を産んだという。このことから安産の霊験もあるとされる。

160414_1213

二ノ宮

藤原広嗣の乱により藤原広嗣が当地で処刑された10年後の天平勝宝2年(750)、肥前国司に左遷された吉備真備により、広嗣を祀る二ノ宮が創建された。

広嗣処刑の後、玄昉が筑紫に左遷されそこで歿したことから、これは広嗣の怨霊のせいであるとされ、それを慰めるためであった。

元は松浦宮・松浦廟宮と呼ばれ、空海(弘法大師)が鏡神社に改称したと伝える。

※Wikipediaより抜粋・編集

|

« 唐津神社 | トップページ | 高祖神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63486336

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡神社:

« 唐津神社 | トップページ | 高祖神社 »