« 田無神社 | トップページ | 龍神おみくじ(田無神社) »

2016年4月30日 (土)

杵築大社

160430_1423

きづきたいしゃ。東京都武蔵野市境南町にある。

旧村社。

ご祭神は大國主大神と事代主大神を祀る。

160430_1425

創建については以下のとおりである。

慶安年間(1648-1651)、結城秀康の三男で徳川家光の従兄弟に当たる松江藩初代藩主・松平直政が当所12町四方を将軍家より賜り、御用屋敷を設けて鷹狩場とした。

直政がその御用屋敷内に出雲の杵築大社(現在の出雲大社)と稲荷社を勧請したのが当社の始まりである。

貞享年間(1684-1687)に松江藩御用屋敷は幕府の直轄地となったが、神社は残され、当地・境本村の氏神とされた。

明治6年(1873)12月、堺村の鎮守として村社に列格した。

昭和21年(1946)11月、出雲の美保神社より事代主大神を勧請し、「えびす・だいこく」の二福神を祀る神社となった。

160430_1427

拝殿左側に稲荷社がある。

160430_1431

その後方に小さな祠があった。

160430_1428

拝殿右側に八坂神社がある。

160430_1430

三多摩に現存するものでは2番目に規模の大きい富士塚を擁している。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

 

JR中央線武蔵境駅の南口から500m、歩いて6、7分の距離にある。杵築大社時代の出雲大社から勧請された由緒ある神社。

|

« 田無神社 | トップページ | 龍神おみくじ(田無神社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63559334

この記事へのトラックバック一覧です: 杵築大社:

« 田無神社 | トップページ | 龍神おみくじ(田無神社) »