« 花園神社 | トップページ | 王子稲荷神社 »

2016年4月23日 (土)

王子神社

160423_1417

おうじじんじゃ。東京都北区王子本町にある。

旧称王子権現。この一帯の「王子」という地名の由来である。

旧准勅祭社。

160423_1428

創建は不詳である。康平(1058-1065)年間に、源義家が奥州征伐のおり、当地で金輪仏頂を修法、凱旋の日に甲冑を奉納した。

文保(1317-1319)および元弘(1331-1334)年間に、当地の領主豊島氏が社殿を再興し、熊野新宮の浜王子より「若一王子宮」を改めて勧請・奉斎、王子神社となった。

明治初期に准勅祭社に指定された(※准勅祭社の制度はすぐになくなった)。

160423_1429

昭和20年(1945) 戦災で社殿を焼失した。昭和39年(1964)、昭和57年(1982)の二回の造営を経て社殿を再建した。

160423_1426

関神社

主祭神は、蝉丸公(神霊)、逆髪姫(神霊)、古屋美女(神霊)を祀る。

「蝉丸公」は延喜帝の第四皇子、髪の毛が逆髪である故に嘆き悲しむ姉君「逆髪姫」のために侍女の「古屋美女」に命じて「かもじ・かつら」を考案し髪を整える工夫をしたことから「音曲諸芸道の神」、「髪の祖神」と崇敬を集めていて、「関蝉丸神社」として、滋賀県大津の逢坂山に祀られている。

その御神徳を敬仰する人達が「かもじ業者」を中心として江戸時代に奉斎された。

昭和20年(1945) 戦災で社殿を焼失した。昭和34年(1959)5月24日、全国各地の「かもじ・かつら・床山・舞踊・演劇・芸能・美容師」の浄財により再建を果たした。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

立て札の「髪の祖神」や「毛塚」のほうに目が行ってしまう。

王子神社は東京十社参りで3年前に一度お参りした。空襲で一度焼けてしまい、再建に時間を要したようだが、立派な神社になって祭祀が続けられている。

|

« 花園神社 | トップページ | 王子稲荷神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63526202

この記事へのトラックバック一覧です: 王子神社:

« 花園神社 | トップページ | 王子稲荷神社 »