« 秩父神社 | トップページ | 小野神社・矢彦神社 »

2016年4月 5日 (火)

手長神社

160405_1004

※Wikipediaより抜粋・編集

てながじんじゃ。長野県諏訪市にある。

旧県社。現在は神社本庁の別表神社。諏訪大社上社末社。

ご祭神は、手摩乳命 (てなづちのみこと)を祀る。

別名を「手長彦神」といい、諏訪大社のご祭神・建御名方神に随従する神で、建御名方神が諏訪大社に祀られる以前からこの地で信仰されていた神とされる。

日本神話では、建御名方神の先祖の奇稲田姫の母神の名として登場する。同じ諏訪市内には父神の名である足摩乳命を祀る足長神社もある。

160405_1008

創建の由諸は不明である。境内の近くには旧石器時代・古墳時代の複合遺跡である手長丘遺跡が、境内上方には茶臼山古墳群があり、周辺には古代から人が住んでいた。

古くは「手長宮」・「手長大明神」と称され、諏訪大社の末社であった。

元は桑原郷の総鎮守で、足摩乳命とともに祀られていた。のちに鎌倉時代に桑原郷が上桑原と下桑原に分けられたとき、下桑原に手摩乳命を祀る手長神社が作られ、上桑原の足長神社とともにそれぞれの鎮守となったとされる。

領主・武家や庶民からの崇敬が篤く、高島城の鬼門に位置することから諏訪藩家中の総鎮守とされた。

次回は足長神社、八劍神社も一緒にお参りしようと思う。

|

« 秩父神社 | トップページ | 小野神社・矢彦神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63446143

この記事へのトラックバック一覧です: 手長神社:

« 秩父神社 | トップページ | 小野神社・矢彦神社 »