« 住吉神社(下関市) | トップページ | 東郷神社 »

2016年4月20日 (水)

明治神宮

160420_1243

めいじじんぐう。東京都渋谷区にある神社。

勅祭社。旧官幣大社。

明治神宮は第二次世界大戦後、宗教法人神社本庁の被包括宗教法人となり別表神社に指定されていたが、平成16年(2004)に神社本庁との包括関係を解消し、単立神社となった。しかし、平成22年(2010)8月23日、再び神社本庁は明治神宮の被包括関係を設定した。

160420_1317

ご祭神は、明治天皇と昭憲皇太后を祀る。

創建の経緯は以下のとおりである。

明治45年(1912)に明治天皇が崩御すると京都の伏見桃山陵に葬られた。天皇の崩御は立憲君主国家として初の君主の大葬であったが、その死に関する法律はなく、何らかの記念(紀念)のための行事が計画された。

その事業は程なく予定されていた明治天皇即位50周年のものを引き継ぎ(明治天皇の銅像、帝国議会、博物館などさまざまな案があったという)、一方、天皇を崇敬する東京市民からは東京に神宮を建設したいという運動が起こった。

大正3年(1914)に皇后であった昭憲皇太后が崩御すると、政府は神社奉祀調査会を設置して審議し、大正天皇の裁可を受けて、大正4年(1915)5月1日、官幣大社明治神宮を創建することが内務省告示で発表された。

明治天皇が「うつせみの代々木の里はしづかにて都のほかのここちこそすれ」と詠んだ代々木の南豊島世伝御料地を境内地として造営が行われた。

造営は大正4年(1915)から開始され、全国から13,000人もの国民が労力奉仕に自発的に参加した。

鎮座祭は、大正9年(1920)11月2日に行われ、皇室からは大正天皇の名代として皇太子裕仁親王(のちの昭和天皇)が行啓した。初代宮司は公爵一条実輝。

160420_1319

面積約70万平方メートルの境内はそのほとんどが全国青年団の勤労奉仕により造苑整備されたもので、現在の深い杜の木々は全国よりの献木が植樹された。

また、本殿を中心に厄除・七五三などを祈願を行う神楽殿、「明治時代の宮廷文化を偲ぶ御祭神ゆかりの御物を陳列する」宝物殿、「御祭神の大御心を通じて健全なる日本精神を育成する」武道場至誠館などがある。

22万坪(約73ha)に及ぶ広大な神域は江戸時代初めには肥後藩藩主・加藤家の別邸であり、寛永17年(1640)より彦根藩藩主・井伊家の下屋敷となっていた。この土地が井伊家から政府に対して献上され、明治7年(1874)に買い上げられて南豊島御料地となった。

160420_1323

神宮本殿は大東亜戦争末期の昭和20年(1945)4月、アメリカ軍による空襲によって焼失した。その後、全国から復興資金が寄せられ、仮殿が建設されて翌昭和21年(1946)5月に還座祭が行われた。現在の本殿はその後、国内外からの寄付などによって造営が進められたもので、還座祭は昭和33年(1958)10月31日に行われた。

境内の旧御苑入口付近にはかつて、代々木の地名の起源ともなったモミの巨木「代々木」があったが、この名木も空襲の折、高射砲によって撃墜されたアメリカ軍機B29の直撃を受けて焼失した。

昭和41年(1966)7月22日に大鳥居が落雷によって破損したため、新たな鳥居を昭和50年(1975)12月23日に建立。2代目の大鳥居も初代同様、台湾の阿里山連峰の大檜が用いられた。なお、落雷した鳥居は氷川神社の二の鳥居として翌年移設された。

明治神宮は、初詣では大晦日から正月三が日の間で300万人前後の参拝者を集めることで知られ、その数は日本一である。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

明治神宮御苑

160420_1256

明治神宮御苑を散策した。

隔雲亭。

花を見るには季節としては中途半端かもしれないが、ツツジ、ヤマブキが咲いていた。

160420_1257

南池。

160420_1306

160420_1307

清正井。

水は飲まないよう注意書きがあった。

パワースポットとして一気に有名になったから、汲んでいく人もいたのだろうな。

 

何度も参拝していて、いつも思うのだが、都内の観光スポットになっているから海外からの旅行者も多く、文化的文脈を共有してないから、神社にはそぐわない喧噪もあるが、つねに静寂を保っている場所なのだった。

|

« 住吉神社(下関市) | トップページ | 東郷神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63514672

この記事へのトラックバック一覧です: 明治神宮:

« 住吉神社(下関市) | トップページ | 東郷神社 »