« 速谷神社 | トップページ | 饒津神社 »

2016年4月17日 (日)

比治山神社

160417_0944

ひじやまじんじゃ。広島県広島市南区にある。

旧村社。現在は神社本庁の別表神社。

ご祭神は、大国主神、少名毘古神、市寸島比売神、須佐之男神、車折(くるまざき)大明神を祀る。

摂末社の稲荷神社には、宇迦之御魂大神を祀る。

160417_0956

創建については、元々は比治山の南の「黄幡谷」と呼ばれる谷に鎮座し、黄幡大明神(おおばんだいみょうじん)・黄幡谷と称していた。

正保3年(1646)3月に真言宗勝楽寺の境内に遷座し、その鎮守社とされた。寛文年間(1661-1673)に現在地に遷座し、藩政時代には近隣の稲荷町三組、東柳町、下段原村、竹屋町南裏、平塚・竹屋村などの産土神として祀られ、当時の藩府より、毎年正月門松添木、九月祭礼湯立の薪木を寄付されるなど崇敬を受けてきた。

明治の神仏分離の際に勝楽寺と分けられ、鎮座地名から比治山神社に改称し、明治4年拝殿を再建、明治5年、村社に列格した。

昭和20年(1945)8月6日、原子爆弾の投下により本殿・拝殿を焼失したが、昭和22年に社殿を建立、昭和29年(1954)年に現在地の鎮座三百年記念として本殿・拝殿を本建築にて建立した。

昭和34年(1959)、神社本庁の別表神社に加列された。

平成19年に鎮座三百五十年を迎え、新社務所・境内整備を行った。

※以上、文章は当社の由緒書き、Wikipediaより抜粋・編集

|

« 速谷神社 | トップページ | 饒津神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63505890

この記事へのトラックバック一覧です: 比治山神社:

« 速谷神社 | トップページ | 饒津神社 »