« 饒津神社 | トップページ | 亀山神社(呉市清水) »

2016年4月17日 (日)

多家神社

160417_1039

たけじんじゃ。広島県安芸郡府中町にある。

式内社(名神大社)後継社。安芸国総社後継社。旧県社。

別名として埃宮(えのみや)。

社名の「多家」を現在は「たけ」と訓ませているが、本来は「おおいえ」と訓んでいたとも考えられ、またかつては「たが」などとも訓んでいた。

160417_1042

ご祭神は、主祭神に神武天皇、安芸津彦命(安芸国の開祖神とされる)を祀り、相殿神に、神功皇后、応神天皇、大己貴命を祀る。

160417_1046

創建については、明治6年(1873)に式内名神大社「安芸国安芸郡 多家神社」の後継神社として創祀された。

社伝では、式内多家神社は神武天皇が東征の際に7年間滞在した阿岐国(安芸国)の多祁理宮(『古事記』)あるいは埃宮(『日本書紀』)の跡に創祀されたものとしている。『延喜式神名帳』では名神大社に列している。

中世には武士の抗争により社勢が衰退し、所在がわからなくなった。

江戸時代になると、境内社に「たけい社」のあった「松崎八幡宮」(南氏子)と、安芸国総社である「総社」(北氏子)が式内多家神社の後裔社を主張し、論争となった。

結局、明治6年両社を廃止し、現在地の「誰曽廼森(たれそのもり)」に社殿を造営して、両社で祀られていた神を祀る「多家神社」が新たに創建された。

この際、両社に伝わる古記は、後の争いを避けるために全て焼却されたという。

翌明治7年に県社に列格した。

大正4年(1915)に社殿を焼失したが、大正11年(1922)再建した。

式内多家神社の神階の変遷は以下のとおりである。

貞観元年(859)正月27日、従五位下から従五位上 (『日本三代実録』)

貞観元年(859)4月27日、従四位下 (『日本三代実録』)

表記は双方とも「多家神」。

現鎮座地の「誰曽廼森」という名前は、神武天皇の滞在時に「曽は誰そ」と訊ねたことによるものである。

※以上、文章はWikipediaより抜粋・編集

160417_1050

境内に宝蔵がある。明治7年創建の際、広島城三の丸稲荷社の社殿の一棟を移築したものである。

校倉(あぜくら)造りで、太い校木を四方に組み上げて壁とし、柱を用いずに桧皮葺の屋根を支えている。通気性がよいので宝物の保存の適しているそうだ。

この校倉は校木が六角形で現存する校倉では他に例がない珍しいものだという。

|

« 饒津神社 | トップページ | 亀山神社(呉市清水) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63505898

この記事へのトラックバック一覧です: 多家神社:

« 饒津神社 | トップページ | 亀山神社(呉市清水) »