« 鎧神社(新宿区) | トップページ | 東伏見稲荷神社 »

2016年4月30日 (土)

赤城神社(新宿区)

160430_1101

あかぎじんじゃ。東京都新宿区赤城元町にある。

明治維新までは赤城大明神や赤城明神社と呼ばれた。牛込総鎮守。

160430_1112

ご祭神は岩筒雄命を祀り、相殿として赤城姫命(あかぎひめのみこと)を祀る。

岩筒雄命は火の神である迦具土神より生まれ、経津主神の親神にあたるという。

赤城姫命は一説によると神社を創建した大胡氏の息女と伝わり、別当寺である東覚寺の本地仏であった。

160430_1110

創建は、鎌倉時代の正安2年(1300)、上野国赤城山の麓から牛込に移住した大胡彦太郎重治により、牛込早稲田の田島村に創建されたと伝わる。

寛正元年(1460)、江戸城を築城した太田道灌により牛込台に移された。その後、弘治元年(1555)、大胡宮内少輔により現在地に移された。

天和3年(1683)、徳川幕府により江戸大社に列し、牛込の鎮守として信仰を集めた。

日枝神社、神田明神とともに「江戸の三社」と称された。 この三社による祭礼の際における山車、練物等は江戸城の竹橋から内堀に入り、半蔵門に出ることを許されていた。

『江戸名所図会』では「赤城明神社」として紹介され、大胡重泰(おおごしげやす)により創建されたこと、牛込の鎮守であり別当寺は東覚寺(天台宗)であることなどが記されている。

天保13年(1842)3月7日:火災により社殿が全焼。後に再建。

明治元年(1868)、明治維新に際し、名を赤城神社と改める。

明治6年(1873)、郷社に列する。

明治9年(1876)、横寺町の北野神社(朝日天満宮)を境内社として遷座。

昭和20年(1945)4月13日、戦災により、社殿全焼。 昭和26年(1951)10月、本殿を再建。

昭和34年(1959)5月、拝殿・幣殿を再建。 昭和37年(1962)10月:境内社の出世稲荷神社社殿を再建。

平成17年(2005)10月、戦災で焼失していた境内社の北野神社を、蛍雪天神として再興。

平成20年(2008)3月、境内に隣接する私立赤城幼稚園を閉園。 平成22年(2010)9月、「赤城神社 再生プロジェクト」に伴う建て替え完成。

160430_1115

境内社・出世稲荷神社

ご祭神は宇迦御魂命、保食命。牛込赤城元町の鎮守。

160430_1111

境内社・蛍雪天神(左の建物)

ご祭神は菅原大神。戦災で焼失した北野神社を、旺文社の寄付により再興したもの。蛍雪天神の名は『螢雪時代』に由来し、受験生の合格を祈願する。

※以上、文章は当社公式ホームページ、Wikipdiaより抜粋・編集

160430_1109

ゲゲゲの鬼太郎と目玉おやじのお守り 初穂料1000円。

当社だけのものらしい。

|

« 鎧神社(新宿区) | トップページ | 東伏見稲荷神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63559317

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城神社(新宿区):

« 鎧神社(新宿区) | トップページ | 東伏見稲荷神社 »