« 櫻山八幡宮 | トップページ | 白山比咩神社 »

2016年3月26日 (土)

飛騨総社

160326_1548

ひだそうじゃ。岐阜県高山市にある。

旧県社。飛騨国の総社である。

延喜式神名帳所載八座(大野郡三座、荒城郡五座)と国史記載社十座を祀る。

毎年5月4日、5日には例祭では、千人行列のほか、二人一組による親子獅子舞(22人による曲芸のような舞)が行われる。

160326_1545

ご祭神は以下のとおりである。

正殿主神

大八椅命:大八椅命は飛騨国の最初の国造、天火明命の後裔。

脇殿(延喜式神名帳所載八座)

水無神 (飛騨一宮水無神社祭神 位山)
槻本神 (槻本神社祭神 大山津見神)
荏名神 (荏名神社祭神 高皇産靈神)
大津神 (大津神社祭神 大彦命、武渟河別命)
荒城神 (荒城神社祭神 大荒木之命)
高田神 (高田神社祭神 高魂命)
阿多由太神 (阿多由太神社祭神 大物主神)
栗原神 (栗原神社祭神 五十猛命)

脇殿(国史記載社十座)

大歳神走淵神
四天王神
遊幡石神
渡瀬神
道後神
気多若宮神
本母国津神
剣緒神
加茂若宮神

合祀

伊邪那岐命
伊邪那美命
菊理姫命

160326_1559

創建は平安時代の承平年間(931~938)と伝えられる。

文治2年(1191)に最初の社殿が築かれた。しかし、室町時代になると衰退する。

江戸時代の寛永年間に金森重頼により社殿の大改修が行われたが、天明元年(1781)の天明の大飢饉の頃から再び衰退し、境内も縮小される。

国学者である田中大秀(本居宣長門弟)は、その様子を嘆き、文化3年(1808)に「飛騨総社考」を著して再興を願う。

これを契機に文政3年(1820)に再建され、境内も拡大する。

160326_1538

明治20年(1887)より1890年にかけて大造営が行なわれ、南向きだった社殿を東向きにし、参道が整備された。

|

« 櫻山八幡宮 | トップページ | 白山比咩神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63400558

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨総社:

« 櫻山八幡宮 | トップページ | 白山比咩神社 »