« 大宮神社(山鹿市) | トップページ | 阿蘇神社 »

2016年3月12日 (土)

菊池神社

160312_1317

きくちじんじゃ。熊本県菊池市にある。

旧別格官幣社。現在は神社本庁の別表神社。

建武中興十五社のうちの一社。

160312_1326

ご祭神は、 南北朝時代に南朝側で戦った菊池氏の三代を祀る。

菊池氏は後醍醐天皇の倒幕戦争に加わり、南北朝時代には九州における南朝の主柱として奮戦した。

当時の菊池家当主である菊池武時(第12代)、武重(第13代)、武光(第15代)の父子を主祭神に祀る他、菊池氏の一族26柱を配祀する。

160312_1325

創建は、慶応4年(1868)に熊本藩から明治新政府の参与に出仕した長岡護美が、菊池氏と加藤清正のために神社を創建する案を建議した。

同年7月18日、太政官政府はこの建言を採択し、熊本藩に両者の祭祀を執行するよう命じた。

そこで、熊本藩は清正のために熊本城内に錦山神社を建て(現加藤神社)、菊池氏のために菊池城址に菊池神社を建てた。

菊地神社の鎮座祭は明治3年(1870)4月28日に行われ、この時に主祭神を菊池武時とし、武重と武光を配祀神とした。

明治6年(1873)5月に郷社に列され、8年(1875)7月には県社に昇格した。

しかし、直後の10月24日に楠木正成を祭る楠社(現 湊川神社)が別格官幣社なのに対して、菊池神社が県社では不公平だと白川県が教部省に願い出た。

3年後の明治11年(1878)1月10日に名和神社とともに別格官幣社に列した。あわせて、その時まで配祀されていた武重、武士、武光、武政、武朝の5人に加え、菊池氏に従って戦った一族他家の将士も配祀することになった。

同年6月3日に、菊池武時が戦死した元弘3年3月13日を太陽暦に換算した5月5日を例祭日に定めた。

大正12年(1923)に配祀されていた武重と武光を主神に加えた。

昭和26年(1951)に宗教法人法が公布されたのをうけ、昭和27年(1952)9月13日に宗教法人菊池神社となった。

160312_1336

境内からの眺望。菊池の市街地が見える。

境内に菊池歴史館があり、菊池千本槍など菊池氏500年の歴史の遺物が展示されているそうだが、見逃してしまった。こちらも例に違わず、桜の名所である。

|

« 大宮神社(山鹿市) | トップページ | 阿蘇神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63320892

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池神社:

« 大宮神社(山鹿市) | トップページ | 阿蘇神社 »