« 郡浦神社 | トップページ | 青井阿蘇神社 »

2016年3月13日 (日)

八代神社(妙見宮)

160313_1221

やつしろじんじゃ。熊本県八代市妙見町にある。

旧県社。

妙見宮(みょうけんぐう)、妙見さんと呼ばれる。

上宮、中宮、下宮の三宮からなるが、現在は下宮が本宮である。

福島の相馬妙見、大阪の能勢妙見と並んで、日本三大妙見の一つといわれる。

160313_1224

ご祭神は、天之御中主神、国常立尊を祀る。

創建は、延暦14年(795)に横岳頂上に上宮を創祀したことに始める。

永暦元年(1160)、中宮を建立。文治2年(1186)に、後鳥羽天皇の勅願で検校散位(けんぎょうさんみ)大江朝臣隆房により下宮が創建された。

明治3年(1870)までは妙見宮と呼ばれていた。

妙見神とは、北極星・北斗七星の象徴である。神道と仏教の両部の宮寺で、広く崇敬を受け、八代、下益城、芦北三郡の一の宮として栄えた。

明治4年(1871)、神仏分離令により天之御中主神、国常立尊を祭神とし、社名を八代神社と改められ、県社に列した。

160313_1225

妙見祭は、11月22日、23日に開催される秋の例大祭であり、九州三大祭りの一つである。

「八代妙見祭の御幸行事」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている(平成23年3月9日指定)。

八代地方において最大の祭礼行事で、神幸行列は貞享元年(1684)八代城主松井直之の時代に始まり、元禄時代(1688 - 1704)に祭式がほぼ整ったとされている。

御旅所である塩屋八幡宮まで「お下り」され、一泊される。翌日、八代神社まで「お上り」の神幸で、神輿、神主、社僧、鉄砲、神馬、笠鉾、亀蛇、獅子等が行列をともにする。

|

« 郡浦神社 | トップページ | 青井阿蘇神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63320922

この記事へのトラックバック一覧です: 八代神社(妙見宮):

« 郡浦神社 | トップページ | 青井阿蘇神社 »