« 国造神社(阿蘇市) | トップページ | 郡浦神社 »

2016年3月13日 (日)

甲佐神社

160313_1011

こうさじんじゃ。熊本県上益城郡甲佐町にある。

肥後国二宮。旧郷社。阿蘇四社※の一つ。

※阿蘇四社はほかに阿蘇神社(阿蘇市)、郡浦神社(宇城市)、健軍神社(熊本市東区)。

肥後南方の守護神。

もともと鏑崎宮(かぶらざきぐう)と称したが、神功皇后凱旋ののち、甲冑を納められたので甲佐宮と改めたと言われる。

甲佐三宮大明神とも称するのは、一殿に甲佐、二殿に阿蘇、三殿に郡浦の三神を祀るためである。

160313_1013

ご祭神は、健磐龍命(たけいわたつのみこと)の御子である八井耳玉命(やいみみたまのみこと、甲佐明神)を主祭神とし、健磐龍命、蒲池比咩命(かまちひめのみこと)、神倭磐余彦命(あむやまといわれひこのみこと)、媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)を配祀する。

八井耳玉命(甲佐明神)は、阿蘇神社の主祭神健磐龍命の子で速瓶玉命の異母弟であると神系図では位置づけられている。他に神武天皇の第二皇子神八井耳命の異母弟説、神八井耳玉命が阿蘇家の祖惟人命説、など様々な説がある。

鎌倉時代の武士の竹崎季長が 『蒙古襲来絵詞』を奉納したことがあり、拝殿内に再現したものがかかっていた。

|

« 国造神社(阿蘇市) | トップページ | 郡浦神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63320904

この記事へのトラックバック一覧です: 甲佐神社:

« 国造神社(阿蘇市) | トップページ | 郡浦神社 »