« 出水神社(熊本市) | トップページ | 大宮神社(山鹿市) »

2016年3月12日 (土)

健軍神社

160312_1134

けんぐんじんじゃ。熊本県熊本市東区にある。

旧郷社。熊本市内で最古の神社と言われている。阿蘇四社の一つ。

※阿蘇四社はほかに阿蘇神社(阿蘇市)、甲佐神社(こうさじんじゃ、甲佐町)、郡浦神社(こうのうらじんじゃ、宇城市)がある。

160312_1135

ご祭神は、健磐龍命、天御中主神、仲津彦神、仲津姫神、神渟名川耳命(綏靖天皇)、阿蘇津姫命、草部吉見神、速甕玉命、彦御子命、比咩御子命、新彦命、若比咩命、若比古命、新比売命、弥比咩命等を祀る。

このうち天御中主神、仲津彦神、仲津姫神の三柱以外は全て阿蘇神社のご祭神であり、もともとは境内にある国造社の神、火(肥)国造 の祖である健緒組(たけおくみ。健緒純にも作る)と見る説もある。

健緒組は『肥前国風土記』や『肥後国風土記』逸文によれば景行天皇の時代に肥(火)君(ひのきみ)の姓を賜ったといい、『国造本紀』によれば崇神天皇朝に火国造に定められたという。

160312_1136

創建は、社伝によれば欽明天皇19年(558)に阿蘇神社の大宮司が同神社を勧請して創祀し、異賊征伐の為に社号を「健軍」と称した。

のちに阿蘇四社の一つとして阿蘇神社の別宮とされた。

初め「健軍宮(たけみやぐう)」や健軍村竹宮(たけみや)と呼ばれ、または十二社大明神とも称せられて、健軍荘(たけみやしょう)(現在の日赤病院周辺や小峰や新外、江津湖周辺の広い地域)の産土神社であった。

明治6年(1873)に郷社に列し、昭和以降「たけみや」が「けんぐん」と音読されるようになり、地域名も託麻郡健軍村から熊本市健軍町となった。

 

参拝した日はお祓いを受ける参拝客で賑わっていた。たくさんの車がお祓いを待っていて、ご神職も大忙しのようだった。ひとびとの崇敬を集めていることがわかった。

駐車場、境内に係員を数名つけて対処されていた。奉賛会の方々だろうか。

こちらはご朱印の初穂料を取っていないということなので、お賽銭に足しておいた。

|

« 出水神社(熊本市) | トップページ | 大宮神社(山鹿市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/63320885

この記事へのトラックバック一覧です: 健軍神社:

« 出水神社(熊本市) | トップページ | 大宮神社(山鹿市) »