« 十日恵美須神社 | トップページ | 志賀海神社 »

2015年12月18日 (金)

鷲尾愛宕神社

151218_1253_2

わしおあたごじんじゃ。福岡県福岡市西区の愛宕山(旧 鷲尾山)にある。

旧郷社。現在は神社本庁の別表神社。単に愛宕神社とも呼ばれる。

火徳の神、願掛け(断事)の神として遠近の参詣を集め、正月三が日には70万人もの参拝があるという。福岡県内随一の参拝者数の神社である。

後述するように、伊耶那岐尊・天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)を祀る鷲尾神社(鷲尾権現)と、火産霊神(ほむすびのかみ)・伊耶那美尊を祀る愛宕神社(愛宕権現)が明治時代に合併した。

151218_1252

創始は第12代景行天皇2年(72)、鷲尾山に伊耶那岐尊・天忍穂耳尊を祀ったのが鷲尾神社(鷲尾権現)の始まりとされる。

鷲尾権現は英彦山権現と同神で、「初め英彦山権現自体も鷲尾山に祀られ、後に英彦山に移られた」という説があるが確たることは不詳となっている。

天暦9年(956)、姪浜の住侶・浦左京氏、浜氏が神社の破損を憂い、社殿改築の浄財を募ると、寄進の材木が山をなし崇敬者の労役奉仕、領田の寄進を受けた。

やがて鷲尾神社は鷲尾山の地主神として天台修験東林寺の社僧が管理するようになる。 鎌倉時代に入り元寇が起こると、幕府は博多に鎮西探題を設置し玄界灘を見渡せる当山に城砦(鷲尾城・探題城・姪浜城・浦城)を築城した。

後醍醐天皇の討幕運動が活発になった際には、博多の探題館が九州の諸将に攻められて陥落。このとき鷲尾山の探題城も焼亡した。

南北朝時代には、探題城に一色氏や渋川氏などが在城したが、度重なる兵火に見舞われた。

こうして社領・社宝・文書は失われ、鷲尾神社も衰退し、ただ東林寺が残るのみになった。

江戸時代、福岡藩2代藩主黒田忠之が、黒田騒動を愛宕権現の霊験により乗り切ったことに感謝し、寛永11年(1634)、京都の愛宕山白雲寺(現・愛宕神社)より愛宕権現(伊耶那美尊・火産霊神)を勧請し、鷲尾権現のある鷲尾山に祀り、20余石4人扶持、山林1万坪、預かり山4万坪の社領が藩より奉祀された。

これにより鷲尾権現は愛宕権現の境内末社とされ、ともに真言宗円満寺によって管理され、宝暦年間(1751-1764)には東林寺も廃止された。山自体も愛宕山と呼ばれるようになった。

151218_1248

明治34年(1901)9月27日、「鷲尾神社は末社となすべき神社にあらざる」をいう理由で、両社を合併して鷲尾愛宕神社とした。

大正2年(1913)3月19日に村社に定められ、昭和6年(1931)7月10日には郷社となる。戦後は神社本庁の別表神社に列した。

|

« 十日恵美須神社 | トップページ | 志賀海神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/62895203

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲尾愛宕神社:

« 十日恵美須神社 | トップページ | 志賀海神社 »