« 氣多大社 | トップページ | 白山比咩神社 »

2015年10月25日 (日)

羽咋神社

151025_1525

はくいじんじゃ。

式内社。旧県社。

ご祭紳は、主祭神に石衝別命 (いわつくわけのみこと、磐衝別命と表記されることもある)を祀る。第11代垂仁天皇の第十皇子であり、羽咋君の祖とされる。

相殿神に、

 石城別命 (いわきわけのみこと):石衝別命の子で、羽咋国造に任じられたとされる。

 弟苅羽田刀弁命 (おとかりはたとべのみこと):垂仁天皇の妃で、石衝別命の母。

 道反大神 (ちがえしのおおかみ):明治に合祀。

151025_1527

創建は不詳である。石衝別命は当地に領民を苦しめる怪鳥が出現したことで、垂仁天皇の勅により派遣され、これを討つとともに当地の農業を奨励したと伝えられる。

のち当地を治めた羽咋君一族が、祖先の石衝別命を氏神として祀ったことに始まるという。

平安時代中期の『延喜式神名帳』には「能登国羽咋郡 羽咋神社」と記載され、式内社に列した。

南東約200mに立つ八幡神社が当社の元々の鎮座地(あるいは石衝別命の居館跡とも)であり、文明年間(1469-1487)に大塚古墳の墳丘上に社殿を造営し遷宮したとされる。

当初は大塚上には松が立つのみで社殿は造営されず、宝暦年間(1751-1764)の落雷で松が焼失したのち、文化年間(1804-1818)に宝蔵を造営し本殿とした、とする説もある。

明治5年(1872)、郷社に列し、明治14年(1881)には県社に昇格した。

明治42年(1909)、七尾線建設の予定地にあった姫塚(羽咋七塚の1つ)上の三俵苅社から、祭神の道反大神を遷し合祀した。

大正6年(1917)、大塚が陵墓参考地となったため、社殿を現在の大塚の後円部南麓に遷した。

151025_1528

鳥居をくぐると参道右に大きな欅がある。

151025_1534

社殿裏にある大塚(御陵山)は羽咋七塚の1つ。前方後円墳で、宮内庁治定の磐衝別命墓である。

151025_1531

社殿右手に残る大谷塚(王児塚、観音塚) も羽咋七塚の1つ。円墳で、宮内庁治定の磐城別王墓である。

151025_1529

羽咋七塚銘水の「御陵山の水」の取水所が境内にある。昔から万病に効くという伝説があったらしい。

|

« 氣多大社 | トップページ | 白山比咩神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/62550883

この記事へのトラックバック一覧です: 羽咋神社:

« 氣多大社 | トップページ | 白山比咩神社 »