« 白山比咩神社 | トップページ | 下御霊神社 »

2015年1月24日 (土)

御霊神社(上御霊神社)

150124_1247_3

ごりょうじんじゃ。

府社。下御霊神社に対して上御霊神社と呼ばれている。
 
京都地下鉄烏丸線鞍馬口駅から歩いてすぐ。京都御所の北方向にある。
 
ご祭神は、
 
崇道天皇(早良親王、光仁天皇の皇子)
井上大皇后(光仁天皇の皇后)
他戸親王(光仁天皇の皇子)  
藤原大夫人(藤原吉子、桓武天皇皇子伊予親王の母)
橘大夫(橘逸勢)
文大夫(文屋宮田麿)
火雷神(上記六柱の荒魂。)
吉備大臣(吉備真備)
 
で、八所御霊と称するが、火雷神と吉備大臣(吉備聖霊)はのちに追加された。
 
創建は、由緒書きによれば、延歴13年(794)平安京遷都に当り桓武天皇の勅願により、崇道天皇(早良親王)の御神霊を現在の社地に祀り、京都の守護神にせられたことによるという。
 
その後、仁明天皇、清和天皇の代に井上大皇后から文大夫まで神霊が合祀され、貞観5年(863)5月神泉苑に六所の神座を設け、悪疫退散の御霊会を勅修した。
 
のちに上述した二神を併祭、八所御霊、八所御霊大明神と称され、国家守護、禁裏産土神、都民擁護の神社として鎮座してきた。
 
追加された二神については諸説あるようだ。1)火雷神は菅原道真、吉備聖霊は吉備内親王、または伝承にある井上内親王が産んだ皇子とする説、2)火雷神は落雷を司る雷精で、吉備聖霊は鬼魅(災事を起こさせる霊力)であるとする説などである。
 
相殿には小倉実起・小倉公連・中納言典待局・小倉季判、若宮には和光明神(菅原和子)を配祀する。
 
150124_1248_7
 
貞観御霊会は御霊祭の起源であり、1100年以上継承されてきた。
 
当初の御霊会で祭られたのは崇道天皇、伊予親王、藤原夫人、観察使(藤原仲成)、橘大夫(橘逸勢)、文大夫(文室宮田麻呂)の六所御霊であり、現在のご祭神と一部異なっていた。
 
この御霊会が当社と下御霊神社の創祀となった。当社を上出雲寺御霊堂、現在の下御霊神社を下出雲寺御霊堂と称していた。朝廷の篤い崇敬を受け、至徳元年には正一位の神階を授けられている。
 
出雲井於神社(式内大社)や出雲高野神社(式内小社)を当社に比定する説がある。
 
150124_1253_2
 
当社は応仁の乱発祥の地とされている。
 
室町時代の文正2年(1467)1月18日、失脚した管領の畠山政長と畠山義就との私闘が当社境内の森で行われた。御霊合戦と呼ばれたこの戦いは応仁の乱の前哨戦となったとされている。

|

« 白山比咩神社 | トップページ | 下御霊神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61028437

この記事へのトラックバック一覧です: 御霊神社(上御霊神社):

« 白山比咩神社 | トップページ | 下御霊神社 »