« 招き猫(佐佳枝迺社・御神籤) | トップページ | 足羽神社 »

2015年1月25日 (日)

藤島神社

150125_1501

ふじしまじんじゃ

旧別格官幣社。建武中興十五社の一社。

ご祭紳は、南北朝時代の武将である新田義貞公を主祭神とし、義貞の子の新田義顕、新田義興、新田義宗、弟の脇屋義助、および一族の将兵を配祀する。

創建は、万治元年(1660)、福井藩主の松平光通が義貞公の兜が発見された場所に「新田義貞戦死此所」の碑を建て、その場所が新田塚と呼ばれるようになったことに始まる。

150125_1503

新田義貞は延元3年(1338)、灯明寺畷(現・福井市新田塚町)で戦死した。約300年後の明暦年間(1655~58)に、同地から農民によって兜鉢が発掘され、これが福井藩の軍学者の鑑定の結果、新田義貞の兜であるとされた。

万治元年(1660)、福井藩主の松平光通は兜が発見された場所に「新田義貞戦死此所」の碑を建て、その場所は新田塚と呼ばれるようになった。

明治3年(1870)、福井知藩事・松平茂昭は新田塚に祠を建てる。これが明治9年(1876)、「藤島神社」と名付けられ、別格官幣社に列することとなった。

明治14年(1881)には福井市牧の町に遷座し、明治34年(1901)5月に現在地に再度遷座した。現在の境内は兜の発見地から南へ3kmほど離れているという。

現在の社地は福井市内の足羽山にある。

150125_1507
 
境内で採れた梅から作った梅干しを購入。300円。

|

« 招き猫(佐佳枝迺社・御神籤) | トップページ | 足羽神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61033079

この記事へのトラックバック一覧です: 藤島神社:

« 招き猫(佐佳枝迺社・御神籤) | トップページ | 足羽神社 »