« 柴田神社 | トップページ | 佐佳枝迺社 »

2015年1月25日 (日)

福井神社

150125_1413

ふくいじんじゃ。

旧別格官幣社。

ご祭紳は、福井藩16代の藩主である松平慶永(号 春嶽)。

創建は昭和18年(1943)。日本最後の別格官幣社の指定となった。

松平慶永は福井藩の藩政改革を行い、明治維新の際には徳川親藩・譜代大名の尊王派の中心人物であった。

社殿は当初総檜造りであったが、創建から2年後の昭和20年(1945)7月19日に第二次世界大戦の戦災で焼失した。

150125_1414_2
150125_1415

昭和32年(1957)、福井大学工学部の設計により再建された。一般的な神社とは異なる独特の様式で全ての建物が統一されており、神社らしくない外観をしている。
 
総コンクリート造りで、表面はコンクリート打ち放し。屋根は神明造を大幅に変形した傾斜の無いフラットな屋根。社殿前の大鳥居(二の鳥居)も貫がない特殊な形をしている。
 
境内摂社の恒道神社には、幕末の福井藩士、中根靱負(号 雪江)、鈴木主税(号 純渕)、橋本左内(号 景岳)が祀られている。

|

« 柴田神社 | トップページ | 佐佳枝迺社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61033047

この記事へのトラックバック一覧です: 福井神社:

« 柴田神社 | トップページ | 佐佳枝迺社 »