« 桧原神社 | トップページ | 龍田大社 »

2014年3月16日 (日)

廣瀬大社

140316_1100

ひろせたいしゃ

式内社(名神大社)、二十二社の中七社の一社。旧官幣大社。

旧称は廣瀬神社で、大社は戦後称するようになった。

ご祭神は主神に若宇加能売命(わかうかのめのみこと)、相殿に櫛玉命(くしたまのみこと)、穂雷命(ほのいかづちのみこと)を配祀する。

若宇加能売命は廣瀬大忌神 (ひろせおおいみのかみ)ともいい、社伝では豊宇気比売大神(神宮外宮)、宇加之御魂神(伏見稲荷大社)と同神だそうである。龍田大社の龍田風神とも関係があるらしい。

でも、本来の祭神は長髄彦であるとする説もあるらしい。長髄彦は神武天皇の東征の際に登場する。敵方で矢を放って五瀬命に当たり、それが元で五瀬命は命を落とした。

櫛玉命は社伝では饒速日命を指している。社家の樋口氏が饒速日命を祖神とする物部氏の末裔だそうだ。

140316_1054

創建は崇神天皇九年(前89)。廣瀬の河合の里長に御信託があり、一夜で沼地が陸地に変化し、橘が数多く生えたことが天皇に伝わり、この地に社殿を建て祀られるようになったと社伝に伝わる。

この由来から社紋は橘である。

龍田の風神、広瀬の水神として並び称された。

奈良県北葛城郡河合町にある。

140316_1051

140316_1052

参道に日露戦争の戦利品の大砲と砲弾があった。

大砲はワルシャワ株式会社製である。

|

« 桧原神社 | トップページ | 龍田大社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61021854

この記事へのトラックバック一覧です: 廣瀬大社:

« 桧原神社 | トップページ | 龍田大社 »