« りす、ご神馬 | トップページ | 丹生川上神社・上社 »

2014年3月15日 (土)

丹生川上神社・中社

140315_0915

にうかわかみじんじゃ

式内社(名神大社)、二十二社の下八社の一社。旧官幣大社(大正11年)。

現在、3つのお社(上社、中社、下社)があり、いずれもかなり山奥にある。

こちらは中社。

ご祭神は、本殿の主祭神は、罔象女神(みづはのめのかみ)、相殿に伊邪奈岐命、伊邪奈美命を配祀している。

東殿には大日孁貴命(おおひるめむちのみこと、天照大神のこと)、譽田別命(ほんだわけのみこと、応神天皇のこと)、八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀っている。

西殿には開化天皇と上筒男命、菅原道真と綿津見神、大国主神と事代主神を祀っている。

主祭神の罔象女神は、水一切を司る水利の神として、または雨の神として信仰されてきた。五穀豊穣のため、旱続きには降雨を、長雨の時には止雨を祈るなど、水神のご加護を祈ってきた。

140315_0920

社伝では、鎮座地は神武天皇が天神の教示によって天神地祇を祀り、戦勝を占った地であるとされている。

天武天皇の白鳳四年(675年)に「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との神託により創祀された。

読んだことはないけど、吉田兼倶撰といわれる『二十二社注式』には、天武天皇の白鳳乙亥年(4年)に垂迹し、大和神社の別宮になったと記されているそうだ。

古来から大和神社の別社とされ、祈止雨の霊験著しい雨師神として、朝廷から重んじられてきた。

 

8時過ぎに橿原に着き、桜井から宇陀を抜けて、朝いちばんにお参りした。東吉野の山奥にあり、細い道を登っていく。上社も下社も離れた地にあり、同じように山奥にあるので、お参りするにも決心が必要だ。ずっと来たいと思っていたが、今回お参りできてよかった。

|

« りす、ご神馬 | トップページ | 丹生川上神社・上社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61021875

この記事へのトラックバック一覧です: 丹生川上神社・中社:

« りす、ご神馬 | トップページ | 丹生川上神社・上社 »