« 新田神社 | トップページ | 枚聞神社 »

2014年3月29日 (土)

照國神社

140329_1632

てるくにじんじゃ

別格官幣社。鹿児島の総氏神。

ご祭神は、照國大明神。島津家28代当主で11代藩主 島津齊彬公である。

140329_1622

社伝によれば、島津齊彬公の生前の遺徳を慕い、崇敬の念から神社設立の運動が起り、文久2年(1862)に鶴丸城の西域である南泉院の郭内に社地を選定、翌3年(1863)5月11日に勅命により照國大明神の神号を授けられ一社を創建した。

翌元治元年(1864)社殿竣工、照國神社と称し、明治6年(1873)には県社に、15年(1882)別格官幣社に列格し、34年(1901)正一位。

140329_1626

立派な境内だった。

こちらの裏山は城山公園で一年前に訪れていたのだが、当時は神社にはこれほど関心はなかったので、今回初めてお参りした。

|

« 新田神社 | トップページ | 枚聞神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61021797

この記事へのトラックバック一覧です: 照國神社:

« 新田神社 | トップページ | 枚聞神社 »