« 春日大社 | トップページ | 廣田神社 »

2014年3月16日 (日)

西宮神社

140316_1451_2

にしのみやじんじゃ

日本に約3500社あるというえびす神社の総本社(えびす宮総本社)。

「西宮のえべっさん」とも呼ばれる。

ご祭神は、第一殿の主祭神にえびす大神(西宮大神・蛭児命)、 第二殿に天照大御神、大国主大神、第三殿に須佐之男大神を祀っている。

創建は不明。

社伝では、蛭児命が西宮に漂着し、「夷三郎殿」と称されて海を司る神として祀られたという。

平安時代には廣田神社の境外摂社であり、「浜の南宮」または「南宮社」という名であった。そういえば、境内駐車場の近くに南宮神社があった。

名称については、明治3年に史料に基づき大国主西神社と改称、その後県社に列格したが、7年には名称問題が起こり、一度社格を取り消され、西宮神社に改称後、県社に再指定された。西宮神社はこの経緯には不服で上申したが、現在までそのままになっているという。

140316_1442_2

戎(えびす)信仰については、西宮神社は「蛭子系」で、そのほかに「事代主神系」があり、こちらの総本社は島根県にある美保神社である。

でも、上述の名称問題に見られるように、西宮神社のえびす神は大国主命であるとする説もあったらしい。事代主神の父神である。

蛭子(ひるこ)は、『古事記』の最初のほうに登場する。伊耶那岐命と伊耶那美命が国産みをした際、最初に伊耶那美命から声をかけたため、不具の子が生まれた。それら二神(ひるこ、あわしま)は葦の舟に入れられオノゴロ島から流されてしまう。

その流された蛭子神が流れ着いたという伝説は各地に残っており、漂着物をえびす神として信仰するところが多いことから、蛭子神をえびす(恵比寿・戎)と同一視されるようになったという。

面白いのは西宮神社のえびす信仰が全国に広まった理由である。中世・近世になると西宮神社境内の北隣に住んでいた芸能集団「傀儡師」が神人として全国を巡回し、えびす神の人形繰りを行って神徳を説いた。それがもとだといわれている。

さらに商業が発展すると、海・漁業の神としてだけでなく、商売の神としても信仰されるようになった。最初から商売の神様ではなかったわけだ。

こちらの神社で行われる福男選び(「十日戎開門神事福男選び」)の競争は有名で毎年ニュースになる。

|

« 春日大社 | トップページ | 廣田神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61021849

この記事へのトラックバック一覧です: 西宮神社:

« 春日大社 | トップページ | 廣田神社 »