« 二十二社巡り | トップページ | 湊川神社 »

2014年3月24日 (月)

長田神社

140324_1249

ながたじんじゃ

式内社(明神大社)、旧官幣中社。

ご祭神は、事代主神。

於天事代(あめにことしろ)、於虚事代(そらにことしろ)、玉籖入彦(たまくしいりひこ)、厳之事代主神(いつのことしろぬしのかみ)とも呼ばれる。

恵美主さまだ。

140324_1251

神功皇后の摂政元年(201)、皇后が新羅より帰還する途中に、武庫の水門において「吾を御心長田の国に祠れ」とのお告げを受け、山背根子の女・長媛を奉仕者として創祀された。

延喜式で名神大社、祈雨八十五座に列し、神戸(かんべ)の41戸をもって奉祀護持されたとのこと。

神戸(こうべ)の地名はこの神戸(かんべ)に由来するそうだ。神の戸というわけだ。

日本書紀に記された長田国は、東は湊川(いまの新開地辺り)、西は須磨一ノ谷(摂津・播磨の国境辺り)を指し、その中央を流れる苅藻川の中州に奉斎されたといわれる。現在の長田区、兵庫区、須磨区、北区南部に当たるとのことである。

140324_1301

眼鏡の碑があった。

世のなかやものごとをよく見るということらしい。

|

« 二十二社巡り | トップページ | 湊川神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61021819

この記事へのトラックバック一覧です: 長田神社:

« 二十二社巡り | トップページ | 湊川神社 »