« 酒列磯前神社 | トップページ | 加波山三枝祇神社 »

2013年9月15日 (日)

笠間稲荷神社

130915_1233

かさまいなりじんじゃ

旧村社。現在は神社本庁の別表神社。別称に胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷がある。

日本三大稲荷のひとつである。

ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)の間の御子とされている。

「いのち」の根の神、殖産興業の神、蘇生(よみがえり)の神。

創建は古く、社伝によれば、第36代孝徳天皇の時代、白雉2年(651)と伝えられている。桜町天皇の時代、寛保3年(1743)には時の笠間城主井上正賢により社地社殿が拡張され、又延享4年(1747)、牧野貞通が城主となると先例により祈願所と定められ、境内地・祭器具等が寄進された。

参道の石柱には「胡桃下稲荷神社」と彫られている。昔、胡桃の密林があったらしい。そういえば、商店街に「胡桃いなり」というような字をみたけど、関連付けているのだな。

150915_1232

参道の両脇に狐が並んでいるのだけど、酸性雨のせいなのかな。だんだん、腐食してきているようだ。

常陸那珂有料道路の友部ICで下りて、一般道を走ってきた。

笠間の商店街に面していて、ここでは駐車場が見つからず、近所の有料駐車場にとめた。

|

« 酒列磯前神社 | トップページ | 加波山三枝祇神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61022229

この記事へのトラックバック一覧です: 笠間稲荷神社:

« 酒列磯前神社 | トップページ | 加波山三枝祇神社 »