« 日枝神社 | トップページ | 亀戸天神社(亀戸天満宮) »

2013年9月20日 (金)

赤坂氷川神社

130920_1437

あかさかひかわじんじゃ

ご祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命 (おおなむぢのみこと)。

創建は、天歴5(村上天皇951)年に武州豊島郡人次ヶ原(俗称:古呂故ヶ岡・赤坂4丁目一ツ木台地)に祀られたことに伝わる。

百年後の治歴2(後冷泉天皇1066)年に、関東に大旱魃が発生、降雨を祈るとその霊験があり、以後よく祭事が行われました。

江戸時代、幕府の尊信は篤く、八代将軍 徳川吉宗公が享保元(1716)年将軍職を継ぐに至り、同14(1729)年に老中水野忠之に命じ、現在地に現社殿を造営、翌15(1730)年に一ツ木台地から現在地への遷宮が行われ、28日に将軍直々の御参拝があった。

以後十四代家茂公まで歴代の朱印状を下附され、一層の御神徳を高め、開運・厄除・良縁の鎮守神として尊崇を深められたという。

赤坂にある。

第二次世界大戦の空襲でも焼けずに残ったそうだ。

赤坂の都会のなかで、緑に覆われたこの空間は静謐な場所だった。

山王日枝神社からワンメーターだけど、タクシーで移動。

東京十社巡りの3つ目にお参りできた。

|

« 日枝神社 | トップページ | 亀戸天神社(亀戸天満宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61022212

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂氷川神社:

« 日枝神社 | トップページ | 亀戸天神社(亀戸天満宮) »