« 倭文神社 | トップページ | 出雲國神仏霊場 »

2013年9月 8日 (日)

白兎神社

130908_1627

はくとじんじゃ。           ※はくと=しろい+うさぎ

鳥取市にある。海岸通りの国道9号線を挟んで、因幡の白兎の伝説の地である白兎海岸に面している。

旧村社。かつては兎の宮、大兎大明神、白兔大明神とも呼ばれた。

ご祭神は白兔神を主祭神とし、保食神を配祀する。

白兔神は日本神話に登場する因幡の白兎のこと。その説話の内容から皮膚病に霊験のある神として、また、大国主と八上姫神との婚姻を取り持ったことから特定の人との縁結びの神として特定の人との親交をより深めると信仰される。

さらに、遠国の人もこの兎に願えば早く国に帰れるという。医療の神でもある。

創建は不詳。戦乱で消失し、鹿野城主だった亀井茲矩により慶長年間に再興された。戦乱焼失後、白兎神の御神体は現白兎神社の南方10kmの山上に位置する松上神社に遷座されていたという。

現在の本殿は明治時代の再建。亀井茲矩はこれに先立って摂津国(現・大阪市) 御霊神社(祭神瀬織津姫)を当時の自邸敷地内に遷座・復興していた。

鎮座地は身干山と呼ばれる丘で、因幡の白兎が身を乾かした山と伝えられる。

境内には、白兎が体を洗った御身洗池がある。この池は旱天・豪雨のときでも水位の増減がないとされ「不増不減の池」とも呼ばれている。

また、本殿の土台には28弁の菊の紋章が彫刻された菊座石が使われており、当社の創建と皇室との関わりが指摘されているが詳細は明らかでない。

130908_1628

観光スポットとして成功していると思う。若い女性でいっぱいだった。

道の駅も隣接しており、なかなか便利だ。

参道の脇にいろいろな格好をした小さな兎の像がいくつもある。

社務所で求めた「縁」と記された小石をこのように置くか、参道の二の鳥居の上に投げて、乗せる。

130908_1642

白兎海岸。

歩道橋で9号線を渡り、砂浜に出られるようになっている。

歩道橋の階段から撮影した。

サーファーのみなさんが果敢に海に出ていた。

|

« 倭文神社 | トップページ | 出雲國神仏霊場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61022239

この記事へのトラックバック一覧です: 白兎神社:

« 倭文神社 | トップページ | 出雲國神仏霊場 »