« 御釜神社 | トップページ | 都都古別神社(八槻) »

2013年6月15日 (土)

大崎八幡宮

130615_1439

 
旧村社。仙台総鎮守。
 
ご祭神は、八幡宮なので、応神天皇、仲哀天皇、神功皇后である。
 
江戸時代に、仙台で卦体神(けたいがみ、十二支の守り本尊)信仰が盛んになり、乾の守り本尊である阿弥陀如来とされたことから、戌亥歳生まれの人からの崇敬を集めているという。
 
創建年代は不明。社伝によれば坂上田村麻呂が宇佐神宮を鎮守府(胆沢城)に勧請し、鎮守府八幡宮と称したことに始まる。室町時代、奥州管領であった大崎氏が本拠地(現宮城県大崎市)に遷したので、大崎八幡宮と呼ばれるようになったという。
 
慶長12年(1607)、伊達氏が祀ってきた成島八幡宮と合祀して遷座。仙台城下の乾(戌亥・北西)天門の鎮めとした。
 
名称については、通称八幡堂とも呼ばれていたが、古来より社名は大崎八幡宮だった。明治4年(1871)の近代社格制度の制定時に大崎八幡神社に改称されたが、平成9年(1997)、鎮座400年の記念大祭を10年後に控え、大崎八幡宮の名称に戻した。
蒸し暑い日だったけど、境内では結婚式の写真を撮っていた。

|

« 御釜神社 | トップページ | 都都古別神社(八槻) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61022508

この記事へのトラックバック一覧です: 大崎八幡宮:

« 御釜神社 | トップページ | 都都古別神社(八槻) »