« 伊勢神宮内宮 | トップページ | 熊野三山  »

2013年5月 4日 (土)

花の窟神社・産田神社

130504_0948

はなのいわやじんじゃ。

ご祭神は、伊弉冉尊(伊弉冊尊:いざなみのみこと)、軻遇突智尊(かぐつちのみこと)を祀っている。

伊弉冉尊は火の神・軻遇突智を産んだ時に陰部を焼かれて死んでしまい、紀伊国の熊野の有馬村に埋葬された。近隣の住人たちは、季節の花を供えて伊弉冉尊を祭ったと『日本書記』記されている。

花の窟神社では、それが当地であると伝え、「花を供えて祀った岩屋」が社名になっている。

こちらは拝殿はなく、ご神体は高さ約45mの巨岩である磐座(いわくら)である。この巨岩の麓にある「ほと穴」と呼ばれる大きな窪みがある岩陰が伊弉冉尊の葬地であるとされ、拝所が設けられている。

しかし、伊弉冉尊を葬った地は西1.5km付近にある産田神社(うぶたじんじゃ)であるという説もあり、当社はこの火の神である軻遇突智の御陵であるとも云われている。当社では、伊弉冉尊の拝所の対面にある高さ18メートルの巨岩が、軻遇突智の墓所とされている。

130504_1022

近くの産田神社にも参詣した。

ご祭神は、伊弉諾尊、伊弉冉尊、軻遇突智尊である。

|

« 伊勢神宮内宮 | トップページ | 熊野三山  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37949/61022665

この記事へのトラックバック一覧です: 花の窟神社・産田神社:

« 伊勢神宮内宮 | トップページ | 熊野三山  »